« 2014年12月 | メイン | 2015年10月 »

2015年1月

2015年1月 2日 (金)

2015明けました!

01cbc77c4fa66e399703cd8d040028192e4

明けましておめでとうございます。

こちらは、雨が雪に変わったり、そうかと思うと、晴れて来たり、とっても寒い年明けです。

B6plrqzciaalxl5

我が家は、本来、喪中のはずなんですが、こつぶdogがやって来た事により

喪が明けた、ということになりました。

昨年とは、若干、メンバーが替わりましたが、今年も居間のストーブの前は

ご覧のとおり、賑やかです。

だれも外に行きません。

こつぶも、朝、昼、夕、寝る前に、おトイレに行く以外、お散歩もお休みです。

年末ぎりぎりに、こつぶの子供達を引き受けて下さった愛護団体兼ドッグカフェさんが

チャリティカレンダーを出されたのを知り、注文がてら、

「実はあの時の、母犬の里親です。」

と、こつぶの近況報告をしたところ、子犬達の写真を送ってくださいました。

(このドッグカフェで、こつぶも本土到着時、おトイレ、シャンプー、爪切りをして貰ったそう。)

01c88b16bcb7eb12b6cff2d5a48c3aaf55f

これは、多分、譲渡前だと思うんですが、それでも、随分大きくなったーーー。happy02

なんだか、孫の成長を見るような気分(笑)

2匹一緒に譲渡されて、とても大事にされているというのは、こっちのボラさんからも

伺っていましたが、嬉しいのと同時に、一目会いたかったなぁ・・・というのと

親子引き離したのは私だ・・・私がこつぶだけを選んだから・・・という罪悪感も、ちょっぴり。

いやいや、中型犬(小さ目だけど)3匹なんて、現実的にムリ。

これで良かったんだ、と、自分に言い聞かせ。

でも、この子供達に、もし!って言うことがあった場合は、迷わず、うちで引き受けよう。

今年は、初夢も、しっかり覚えてないけど、犬と猫が出てきました。

金魚は?金魚も頑張りますよ。

あ、そうそう!「かわいい金魚」の著者紹介ページに、杉野先生と一緒に写ってる

ワンコ、ごろー君(15歳)も、保護犬出身。

地元でも、金魚飼いの方が同じボラさんトコで里親に!

私も、時々、保護犬を引き受けたい、というお問い合わせを貰う事が増えました。

でも、どうしたらいいの?

どこに、まず問い合わせたらイイの?

一番確実なのは、毎週日曜日、全国各地で開かれている譲渡会に参加する事ですが

必ずしも、希望に合ったコに出会えるとは限りません。

SNSをされている方は、毎日のように期限切迫!里親募集!というのを目にされて

気になるコが居るかもしれません。その場合

①その犬が収容されている管理センターに直接電話を入れて、まず、殺処分の期限を

延長してもらう。

(期限までに引き取りに行けない場合も、その旨伝えると延長してくださいます。)

②その後、お住まいの都道府県のボランティア団体さん(又は県の動物愛護推進委員)に、

収容管理所名、その犬の管理番号、色や特徴を話し、同行してもらうか、代理引出しを、

お願いする。

行政のほうで、「譲渡対象犬」となっている場合は、ボラさんに代理引出しして頂く事が

可能ですが、噛むかもしれない、いつまでも保健所職員さんに馴れない、病気、ケガなどで、

譲渡審査から外れてしまった犬達は、ご本人が直接行かないと、引き出せません。

(ボラさん同行は可能です。)

③センターから直接譲渡の場合は、1時間程の講習を受けて、代金(2000円程度)を、

支払い、譲渡。

(講習を受ける時期は、譲渡までの間で、担当保健所にお問い合わせください。)

うちのように、ボランティア団体さんを通じての引き出しの場合は、

そちらの指示に従ってください。

※SNSで見て、県外の犬が気になる場合は、まず、SNSの内容次第で、早いほうを選択。

①発信者に連絡してみる。(ボランティアさんである事が多いです。)

②限切迫の場合、保健所のほうに連絡をしてみる。

また、ボランティア団体さんは、近頃、県外譲渡が多く、全国の他の団体さんと

繋がっていたり、支部を持っている場合がありますので、遠慮なくお問い合わせしてみて

下さい。

でも、くれぐれも、安易に「カワイイから」とか、「かわいそうだから」という気持ちだけで

行動しないようにしてくださいね。