« 2015明けました! | メイン | 取り急ぎ分譲のご案内 »

2015年10月 5日 (月)

長らくご無沙汰しておりました。(^^;)

うわーー、お正月の挨拶から、更新していなかったのかぁ・・・。

そりゃ、あちこちから安否確認の連絡を頂くはずだ。

もう、ここのブログ死んでると思われてるかもなぁ(^▽^;)

この9ヶ月ほど?本当に色んな事がありました。

まず、4月にジロウcat、5月に十太郎cat、6月にはアガルcat

立て続けに亡くなりました。

現在、猫は、コロン、シロちゃん、ポメロ、キースケの4名。

そして、ワンコなんですが・・・。

小粒は、すっかり我が家に定着し、ジャムが居た時のように自由にしています。

そして、猫達を看送って、すっかり淋しくなったので、

7月30日~9月4日まで、小粒と同じ徳之島保健所から来た

黒いプロットハウンドの「つばめ」の一時預かりをしました。

ツイッターやフェイスブックをご覧の方には、お馴染みの黒い破天荒娘でしたが

猟犬出身だったと思われ、左大腿骨骨折と脱臼という大怪我を負っており

多くの方の支援のおかげで、無事に大手術を終え、我が家で1ヶ月程療養とリハビリ

をして、夏休みの終わりとともに、愛知県の里親様の元へ旅立って行きました。

小粒と親子のような関係だったので、ホントに別れは辛く、犬達にも申し訳なく

思いながら、でも、人間も、生きていれば、出会いも別れもあるよね、

幸せになる為の別れだもん、と、言い聞かせて送りだしました。

空港での別れは、かなり目立ってしまい、手荷物カウンターで待っているお客さんや

グランドスタッフの方まで、貰い無きさせてしまうという・・・ね。

でも、こんな保護犬達が居る事、頑張ってレスキューしている人達が居る事を

少しでも見て頂けたかな?

そんな別れを終えて、また、もう一匹今犬が居ます(笑)

9月16日、次の預かりの件で、ボランティアさんから打ち合わせのお電話を頂き、

実は18日朝一で殺処分されてしまう犬がいるのに、誰からもお問い合わせが無い。

処分理由は、

性格はとても良、全く問題は無い。

ただし、10歳くらいの老犬であると思われる事と、

管理所の犬舎が満杯である為、置いておくスペースが無い。

全く理不尽な理由で殺されてしまいそうなコがいる。

メスのビーグルで10歳くらいという情報しかない。

写真は、腹ばいなので、自力で歩けるかどうかもわからない。

でも、自然と、口から出てました。

「そのコに挙手します。」

ボラさんも、ちょうど明日、管理所に別の犬を引き出しに行くから、

一緒に出してきます、と。

そんなこんなで、小さなビーグルのポコがやってきました。

避妊手術も終え、すっかり我が家のコになり、10歳?と言われていたけど

目も耳も足腰も全然しっかりしていて、シニアではあるけれど、

7~8歳なのでは?という診断です。

犬歯をがっつり削られているので、繁殖犬だったんだろうとのこと。

若干の心臓疾患と、貧血があるので、もしもの時は、

小粒を輸血のドナーになってもらう、と、獣医さんから指示されました。

でも、元気です。

すっかり、メンバーチェンジした我が家です。

あ、金魚もやってます(笑)

そうだ、分譲のご案内をしようと思っていたんだ。

分譲案内は、また後でリンクを貼ります。

文字ばかりで、スミマセン。

今年は、キャリコピンポン、江戸錦、青ランチュウ、水泡眼(キャリコ、黒)

あと、キャリコ頂点眼を夢見て、

頂点眼×安芸錦でF1個体が順調に育っています。

来年あたりで、透明鱗の出眼ランチュウタイプ→頂点眼が出現すればいいなぁ。

コメント

おかえりなさい。

お気に入りから削除しなくてよかったです。

また色んな金魚を載せてください。

けもん岳さん
長らくご無沙汰しておりました(~_~;)
今後とも、宜しくお願いします。
あ、違ったらスミマセン。
けもん岳さん、保護犬の里親さんではないですか?

コメントを投稿