2015年10月30日 (金)

青文色の水泡眼

015bb3c72cd80eaa454cb7fc10f1f8432_2

銀水泡眼のお母さんは、今年の産卵後、卵つまりを起して亡くなってしまいましたが、

しっかり子孫を残してくれました。

銀は1匹しか居なかったので、キャリコ水泡眼との交配で、F2で引き出し、

選別をして、なんとかこれだけ残す事が出来ました。

水泡の大きさは、まだまだですが、ハマトウユイタイプも可愛いので、

水泡サイズの選別は、あまり厳密には行わず、ゆる~く程良いサイズになればイイか

と言う感じです。

011ce02157909384fae76b8c8195d85b898

このコ達も、青らんちゅうと同じで、透明鱗と交配しながら維持して行こうと思っています。

すみません、このタイプの分譲は、今年はありません。

来年以降で、頑張ります。

毎年恒例の衝動買い

Img_6560

全くもう・・・。

我ながら、毎年毎年、どうしても、今の季節になると、ひょこひょことホムセンに出向き

ミックス金魚の中から連れて来てしまうという病気(笑)

今回は、キャリコ琉金。

キャリコ琉金の当歳は、オクでもなかなか売れなくていっぱい居ると言うのにcoldsweats01

しかしねぇ、この左の仔、これはスルー出来なかった。

デニムのようなこの浅葱と、アクセントの赤が、なんとも可愛い。

ウチの金魚も、こんな色を目指してるんだけどなぁ・・・。

Img_6552

向こうの仔は、お伴として連れてきました。

キャリコ頂天眼への道

Img_6345

ブログの更新を怠っている間、こんなことをしておりました。(笑)

①頂天眼×頂天眼

②頂天眼×安芸錦

③頂天眼×キャリコ出目金

言い訳ですが、今年は、梅雨の長雨と、台風による被害で、ミジンコも採れず

ブラインで、ちょぼちょぼ育てていましたので、まぁ、当歳魚が小さい小さい。coldsweats01

そして、頂天眼というのは、そのまま掛けてはダメだなぁとわかりました。

水泡眼の時もそうでしたが、不整魚だらけ。

唯一、金魚らしいのが採れたのが、安芸錦との交配でした。

キャリコ出目金との交配を最初に行いましたが、これがまた散々で・・・。

ほんの数匹ですが、背びれの無い仔が出ましたので、背なりは無視して残しました。

Cr_na31u8aana2m

真ん中の桜色の仔がキャリコ出目金との仔。

頂天と出目なので、このコは一応、出目ってきそうです。

Cr_m8ouuwaad3x1

このコの横見。背なりは無視です。これでも残さないと、結果が出ない。

Cr_misavaaac_tb

このコは、頂天眼同士の仔だと思います。

Cr_msicuwaacieo

背びれなしですが、明らかに、ランチュウや江戸錦とは違う、ながーーい体型。

Fullsizerender

この辺のすっきりした桜やモミジは、安芸錦由来の仔達。

でも、このコ達は、F1では目は出てこないと思います。

このコ達をメインに交配を繰り返して行くのが一番かな。

Fullsizerender1

頂天同士の仔も上から見ると、目に特徴が出てきました。

親が3匹しか居ないので、まずは原種もしっかり採っておきたいところなんだけどなぁ。

のんびり育成だったせいもあり、成長遅い。

まぁ、とにかく、来年、桜色の出目らんちゅう体型が完成すればいいかな?

出目が上を向くのは再来年かなぁ・・・・来年上向いてくれたら、桜頂天眼になるんだけど。

そんなに上手くは行かないでしょ。

墨が入ってくるのは、まだまだまだまだ先の事・・・・・。

2015年10月25日 (日)

我が家の近況

Csizp5nucaejddg

今日は、日本中のあちこちで、品評会が行われたようですね。

私は、のんびり水換えをしながら、久々にうちの金魚も見てみようと掬ってみました。

Csiz0y9ueaajqg

今年のキャリコ水泡眼は、こんな感じです。

どうも、私の金魚熱がだいぶ冷めていた+ミジンコ採れなかった雨と台風の被害のせい

色々と言い訳しながらも、こんだけ出来て来たのは、魚のおかげ(笑)

しかし、最近の水泡眼ブームにはちょっとお腹いっぱい。

Csi0mcmvaaam14h

江戸錦は、今年は採卵するつもりではなく、青ランチュウの採卵の副産物的に

生まれたので、殆どオクに出してしまい、我が家に残すのは、この水墨タイプのみ。

今後、江戸錦は、これを我が家のスタンダードとして維持して行こうと思っています。

Csi0bidveae7lnz

こっちがメインの?青らんちゅう。

しっかり飼い込んでないので、大小のばらつきも多いですねぇ。

これも、半分くらいはオクに出してしまいました。

水墨江戸錦と並行して、維持して行きます。

Csi0oymu8ae_xs

本来ならば、我が家の大本命、青ピンポンをめざすキャリコパール。

今年は、このタイプは沢山採れましたが、パール鱗が綺麗に乗っていなかったり、

色がシルクだったり・・・前途多難です。

おまけに、このタイプは、今ブームでないらしく、オクに出しても売れなーーーーい。

だから減らせなーい。困った。

Csi1isvusaasds0

ここからは親魚です。

以前ホムセンで買ったミックス琉金も、いまじゃ手のひらサイズ。

Csi1iw4usaegzht

ホントに久々登場、鈴木系アズマも、こんなに大人になりましたヨ。

左は、フルタニさんから稚魚で購入して育成したペア。

右は、自家産で、もう6~7年維持しているペア。

来年は、アズマの採卵も復活しようと思っています。

Csi3_acucaelwgj

ホムセンでヒョロヒョロしていた青文魚も、今じゃ、白鳳と羽衣。

長手ですが、頭は出ないタイプのようです。

Csi3fpsveaadbkt

青文つながりで、青らんちゅうの親。

親は、もっとデッカイのもいるんですが、スタイルが良くないので、今回はこの2匹のみ

アップしてみました。

Csi3up4uaaa0pkh

台風15号にタライごとひっくり返されて、ピチャピチャしていたキャリコ土佐も

元気です。スペース足りないから、なかなか採卵は出来ないけど、

一回くらいは採らないと、系統維持出来ないなぁ。

Csi4sj8ukaagaoe

蝶尾は、パンダだったはず・・・・?(笑)

でも、キャリコ土佐と一緒に暮らしているので、尾は、それほど崩れていませんでした。

良かった・・・。(^^;)

Csi5la2uaaesspi

キャリコ和金のフナ尾。

まだ四つ尾への道は遠いなぁ・・・。

Csi5r5rukaaanw5

こんな色合いで四つ尾にしたいのです。

Csi4_pgueaatizk

四つ尾は、まだ桜色なのです。

今年のも桜色だったので、オクに出して、昨日里親様の所に到着しました。

Csi23h1u8aazenn

頂天眼は、初登場かな?

今年から、実は、キャリコ頂天眼を作るべく動き出しています。

年F1を採りました。

そちらは、また次回紹介しましょう。

Csi2x97uyae68

親江戸錦達も、どんどん墨が濃くなって、いまや、もう真黒(笑)

Csi2id1uaaaizek

一方で、色が飛んじゃって、桜になった仔も。

でも、これはこれで、なんだか新鮮なので残しています。

Csi2qgwveaermd1

安芸錦も、なんとか浅葱色維持出来てます。

一応、今、自分が気になって掬ったコ達はこんな感じです。

3歳を過ぎ、親魚と呼ばれるようになってくると、こんなにも墨が出てくるもんなのか?と

自分でもびっくりしています。

二歳で墨が飛んでも、4歳で真黒に復活。

キャリコ金魚は、3歳以降がホントの観賞時期なんだなと思いました。

2014年12月30日 (火)

今年もあとわずか・・・

B5lzfs0ciaayzvv

朝は、いつも霜が降りて、時々、氷が張る程冷え込みますが、

正午に近づくにつれて、暖かくなって、12~13℃くらいまで気温が上がり、

金魚達が動き出します。

なので、だいたいその頃に、少しだけ餌を与えて、また、午後から徐々に冷えて

夕方には、ホントに寒くなる、そんな感じです。

B5ln14gcyaarf10

プラ舟40が基本の我が家では、小さい当歳魚も屋外で頑張っています。

このコ達は、体型もひょろっとしてるし、イマイチなんですが、どう変化するかが楽しみで

残している、金銀江戸錦、金閣銀閣です。

B51drsrcuaiy6lv

小ささでは、負けてないランチュウ。

この仔は、兄弟の半分くらいしかないので、金閣銀閣と一緒に暮らしています。

B5lngvicaaafuss

これは、単に観察したくて掬った水泡眼当歳。

色が好みのコに限って、水泡が小さいけど、当歳だから・・・・いいよ。

親魚みたいに2歳から膨らんでくれたらいいよsweat02

B51ftd3cyaah_0y

この仔達は、小さくて可愛すぎて、分譲しなかった透明鱗の蝶尾。

出目が、これ以上大きくならないようにしたいんだけどなぁ・・・。

B51jd17ceaaho2q

最後は、このコ達。

パール×キャリコ。

B51jvnccmaarbpn

今年は、パールじゃなく、ショートテール琉金になりましたが

来年以降、パール鱗が乗せられるといいなぁ。

でも、こうやって見てると、だんんだん、自分で交配したコが出来始めてるcatface

もちろん、まだまだ未完だけど、我が家で、代を重ねてる魚が増えてきた。

そう思うと、時々、金魚眺めてニヤけてしまうsmile

次は、どんな子が生まれてくるかな?

こんなかんじで、来年も、マイペースに、自分好みを追求したいと思います。

ブログを見て下さったり、コメント下さった皆さん、また、ウチの金魚の里親になって

下さった方々、今年もお世話になりました。

来年も、どうぞ、よろしくお願い致します。

皆様にとって、良い年でありますように・・・・。

2014年12月21日 (日)

爆弾低気圧の一日

B5la6djceaabnwi

前日の天気予報で、なんじゃこの天気図は!?と思うほど、異常な低気圧のせいで

南国と言えど、ここ鹿児島もめちゃくちゃ寒い一日でした。

さらに南国、徳之島出身のこつぶも、初めて経験する寒さじゃないかな?

おおあくびで、朝ねぼうです。

B5lasnceaa5a6d

おはよう、こっちゃん。

でも、この後、寒すぎて、また毛布の主になりました。

外が気になったので、出てみると・・・。

B5lkrbdccaavwba

うぅ・・・寒いね。

B5lk_vhcuaax2z6

車庫の親魚達も、じーっとしてたり、ふわーっと水流任せ。

アズマのママが転覆してなくてホッ・・・dash

B5ljt9tceaacbq7

メダカの鉢は、それぞれ、ガッチガチに凍っております。

B5ljx3kcaaay9hr

土鍋のパンダメダカ達は、氷の下で、人影に反応しながら泳ぎ回ります。

元気やなぁ。

B5ljeeicmaaivsu

うわっ、エアレーションしてるのに、ボコボコ避けるように氷張ってるwobbly

B5llsinccaa4xpv

ここは、一番暖かいはずの南端、キャリコ水泡眼当歳魚の舟です。

水泡ちゃん達、じっと耐えてます。

一番暖かいはずの場所が、こんなにガチガチで、一番寒いはずの北側は

軒下と、擁壁のお蔭?全然凍ってない。

と、寒すぎて、ここで一旦室内に戻って、もうちょっと気温が上がってから、

こつぶの散歩に行こうとしたら、ちょっとサッシを開けた隙に、こつぶがまた脱走dash

でも、前回と違い、今回は、もう土地勘もあるし、多分、行くとしたら、

ご近所のワンコが居るお宅・・・・めぼしいのは、あそこだ!

案の定、居ました。

大きなシェルティの雑種わんこ(避妊済の女の子のトコに、いっしょけんめ尻尾振ってbearing

飼い主さん、優しいオバちゃんなので、とりあえず謝罪と、こつぶの自己紹介をして、

その流れでお散歩に。

B5le2egceaeqn6a

公園もまだ凍ってる。

なんだか勢い余って、随分遠くまで歩いて来ちゃいました。

B5lkveicmaakngq

こんなトコまでは、ジャムとドライブでも来たこと無いぞ、こつぶ。

脱走兵の身柄確保して、ホッとした勢いで来ちゃったから、

息を整えながら、かなりの距離を歩いたり走ったりしたのに、

帰り着いた時も、全然疲れてない。

B5lw3tycyaam9zs

ただいまぁ~。

猫のお兄ちゃん、お姉ちゃんがお出迎え。

そして、こつぶさんは夕方までぐっすり昼寝。

庭の氷は、お昼が過ぎた頃、ようやく溶け出しました。

2014年12月20日 (土)

当歳らんちう

0179d208c8da251afd018bbd808b74a75_2

長らく更新を滞っておりましたsweat02

すっかり真冬モードの我が家ですが、日中だけ、気温が上がるので、

らんちうの当歳魚を掬ってみました。

これは、地元の金魚仲間さんトコから里子に来たらんちう。

一番上に写ってるコが、一見良さ気ですが、実は背凹で・・・、泳ぎも癖があるんです。

他の仔達のほうが、癖の無いすっきりした体型で、私は好きです。

この仔達は、大き目のコ達ですが、あと、この系統の小さ目のコも、別の舟に居ます。

なかなかイイ感じです。

0129a2deb2907449bea6e400ccb1fd9fb84

この仔は、自家産です。(らんちう×青らんちうF1)

分譲魚でしたが、発送当日に、充血していたため、急遽、代替魚を送って、

この仔はウチに残りました。

どうやら今年は褪色しないようですsweat02

青らんちうの影響でしょうか?

016054d9f189de08c43168831384b6a2582

一方、こちらは、兄弟魚で褪色したコです。

「窓」模様になりました。

どうも自家産魚は、体型にメリハリが無いんですが、この仔は模様が面白かったので

残しました。

2匹とも、顔は、協会系らんちうの影響を受けて、四角くなりました。

自家産魚は、この2匹を残して全て分譲しましたが、

少しは残さないと、どんなふうに成長する魚なのか、わかんないですからねぇ。

自分で一から選別して残したコなので、自分の選別の課題としてもね。

2014年11月28日 (金)

墨が戻ってきた。

B3bwkkvceaawx1_2

えーと、自家産の鈴木系アズマのオス、3歳です。

去年、ボディの浅葱と墨がすっかり消えて、分譲に出そうかどうか、で、結局、

なんか、思い入れがあって、ウチに残したコですが、

3歳になって、そとのひょうたん池から、車庫の90cm水槽に移したところ、

黒いポツポツの墨が出てきました。

人間と同じで、年取ると、紫外線の影響でシミが出てくるようなものなの?

消える墨ありゃ増える墨有り。

これだから、キャリコの金魚はオモシロい♪

http://mahomaho.synapse-blog.jp/mahoshokudou/2013/10/post-eab7.html

あ、関係ないけど、こつぶさん、ベランダデビューしました。

B3ahtjzcyaagllp

朝も、洗濯物を干すお伴に上がって来て、上機嫌。

B3ahc8cuaavwrp

ちょっとまだ先の方は、怖いみたいなんだけど、

干し終わる頃には、気持ち良くて寝ちゃいました。

01e385e00e94e4d2f19f1a6520ffa6e5631

こっちゃん、もう降りるよぉ~。

ほっといて、先に降りたら、しばらくして、ベランダで鳴くので迎えに行きました。

うちの、箱入りお嬢さんですからね。

上の空の水換え

01559e1e38682741ba349adba0791c67e_2

こんにちは~。

我が家の日常に、わんこの姿が戻り、なんだか、小さなこつぶですが、

遠くから見るとジャムに見え、近くで見ると、こつぶで・・・。

まるで2匹のわんこと一緒に暮らしているような、そんな気分になっています。

B3lgw9eccaazb30

金魚の方は、冬支度完了のつもりが、ポカポカ暖かい日が続き、またこんなに汚れてる。

なので、餌も普通に、水換えも、通常通り行ってます。

01364e0a1664f95bac6ae07f3af204cac5a

キャリコ水泡眼の当歳と、ホムセンの五色出目金達も、水を抜いてみると

太ってるなぁ・・・・。

ポメロだけじゃなく、金魚も肥ゆる・・・。

こんだけ太ってたら、十分冬越せるでしょう。

B3lvh8tcuaaesm5

抜き換えだけなので、あっという間に終わってしまいます。

親舟も、ひょうたん池も、90水槽も全部。

といっても、来年の産卵用に、2舟は空っぽなんですけどね。

B3mf1_gciaaebfa

我が家の今後の基礎となる親江戸錦達も、順調です。

来年は3歳だから、十分期待できるはず?

っていうか、まるで三角コーナーみたいに、隅っこに集まっちゃって。

蓋を閉めてると、餌をねだって寄ってくるくせに、蓋開けるとこうなんですよね。coldsweats01

B3ltooacqaafdyt

この仔たちもそう。

外のキャリコピンポンF1。

B3ltxqdcuaaoxur

ほら、蓋閉まってると平気なのに。

ま、蓋開けると掬われたり、外敵がコワイからね。

B3lufsmcyaenwez

なんだか、今年は、最後まで、金魚がおろそかな我が家です。

こうやって水を抜き換えてる間も、こつぶが気になって・・・coldsweats01

B3biszeceaaxfdc

大人しく寝てますが、ジャムと違って、こつぶにとって、金魚の水換え時間は、

退屈みたいです。

B3bjx2dccaazsfo

ん?そうでもない??

なんだか、寝顔が笑顔です。

つい3か月前まで、ここには、バスマットの上に、病のジャムが寝ていました。

ジャムも、体はそうとうキツかっただろうに、寝顔は笑顔でした。

水換えしながら、ちらちらこつぶを気にしていると、時々、やっぱりジャムに見える時が

あり、なんだか、ひとりでニヤけてしまいます。

小さなこつぶ、存在感は、大きなジャムに負けません。

2014年11月11日 (火)

ぼちぼち冬支度

01eb6e3a1d85d285366cc9d24cd7832ff89

久々の更新になってしまいました。

当歳魚達も、昨日の発送分で整理が終わり、毎日水の抜換えをしていても、

いい加減、舟の汚れもひどくなってきたので、冬支度の初めとして、まず、南側の舟、

当歳魚を中心に、全換えをしました。

01997e366577a82e79325b79b1a6fa1ce28

キャリコ水泡眼も、小さいながらもようやく水泡が膨らんできました。

水泡よりも、体のほうが膨らんで、「らっきょう」みたいな体型なんですけどねcoldsweats01

015f204684b5c577756500697fdc83e2328

舟がきれいになると、金魚も気持ちよさそう。

B2iy6xhccaaopw

こんな感じで、当歳魚の40舟を洗って、次は、この、真ん中の黒いヤツsweat02

018a8cc784c1262ad00d784316a1f0e9f84

魚達をタライに待機。

ここは、らんちゅうと、広島系江戸錦達です。

60舟なので、ちょっと大変でした。かなり汚れてたしね。

011e89bd07502d1ff73555ec89cfc2e0dac

らんちゅうは、当歳魚を残して、2歳魚は、地元の知り合いの所に里子に行く予定。

ようやく舟を洗い終えて、魚達を戻すと・・・。

B2izkspcmaafjvg2

この瞬間って、ほんとにどの金魚達も、気持ちよさそうだなぁ。

そして、普段は、それぞれ、自由気ままに泳いでるのに、この時ばかりは、群れになって

回遊するんですよね。

一瞬、気持ちがフナに戻るのかな?confident

018cb73106f1d50c7d8c2f5843cd55508a0

そして、今度は、はしょりましたけど、キャリコ土佐と親出目金たちのタライ。

ここまで洗って、もうヘトヘトsadsweat01

今日は、これでおしまい。

でも、残ったのは、90水槽、ひょうたん池、80舟2つ・・・・大物ばっかり。

がんばりまっす。

あ、そうだった、動物看護士の通信講座、無事に終了しました。

来年、今度は、実習で、数回、関東地方に行く予定です。

こっちも頑張ります。