2014年1月12日 (日)

外来魚とは?

Dscf7834

近頃、グッピーを復活したことで、地元の温泉グッピーの事や、

そう言えば、ティラピアとか、モーリーも居たな、なんて、思い出したりして

本棚から、こんな本を引っ張り出して見てみました。

中身はざっとこんな感じ。down

Dscf7835 

まぁ、絶対載ってるグッピーと、このコクチモーリーは、北海道に居るらしい?!

鹿児島に居るのも、こんな感じですが、

こっちのは、尾びれの先に黄色が入る個体が多いです。

Dscf7836

グッピーが生きられるということは、当然、他の卵胎生熱帯魚も生きられるという事で・・・sweat02

サザンプラティフィッシュって、言わずと知れたプラティなんですが、

観賞魚本と、呼び名が違うのはどうしてかなぁ?

この辺は、主に、沖縄に居るらしいですが・・・。

Dscf7838 

こっちも、観賞魚本とは、呼び名が違うけどロリカリアというか・・・プレコだよねぇ?

やっぱり沖縄方面に居るらしいです。

Dscf7839 

なんだか、だんだん、見てるうちに不安になるなぁ・・・sweat02

沖縄なら、大抵の観賞用熱帯魚は生息できるって事だよねぇ・・・。

ゼブラダニオが載ってるのに、なぜかアカヒレは載ってない。

アカヒレは、鹿児島県では、何の問題もなく屋外で越冬して、

メダカよりも簡単に、勝手に増えました。

でも・・・、観賞魚としては、不人気だった?

もともと買う人が少ないから、放流数も少ない??

さぁ・・・・どうかなぁ?

Dscf7842 

外来魚と言えば、コレですね。カダヤシ。

でも、私、個人的には、カダヤシには、とても魅力を感じてしまうのです。

子供のころ、カダヤシだけが住んでいる水域があって、

グッピーと一緒に飼っていた事があるんですが(飼育禁止になるずっと前の話です。)

グッピーのように、ポコポコ産む事は無くて、

結局、カダヤシの産仔は、経験出来ず仕舞です。

ほんの数年前には、最寄駅の、小さな和風庭園風の池に繁殖していたんですが

今は、その池も、放置された挙句に干上がってしまいました。

卵胎生魚好きの私としては、カダヤシを飼育出来ないのは、ほんとに残念です。

日本メダカを守るために、なんだか悪者になってしまったカダヤシですが、

この本には、実はメダカも載ってるのです。

Dscf7840 

一時期流行った、メダカの放流が、生息地ごとに違う遺伝子破壊につながったという。

あと、改良メダカの存在も。

これは、他の魚にも言える事らしくて(この本を見て気付かされました。)

Dscf7841 

日淡といわれる魚の代表的なタナゴや、最も身近なフナさえも、

本来の生息地以外の所に放たれたら「外来魚」と呼ばれてしまうんですね。

この本に載っている魚が全部、飼育禁止の特定外来生物では無いですが、

外国産の魚や、観賞魚だけでなく、もともと日本産の生き物でも、

安易な放流は、環境破壊につながるという事を、忘れてはいけませんね。

誰かが、お店で買って、でも飼いきれなくなって、自然に放ってしまったその魚も、

本来の水域では、絶滅の危機に瀕しているという事も、事実だったりする訳で。

先ほど、ちょこっと触れた、アカヒレも、本来の生息地、白雲山には、もう居ないと、

聞いたことがあります。

そういう事を考えると、養殖物の金魚やグッピーを飼育して楽しむのが

一番、環境にも影響を及ぼさずに、アクアリウムを楽しむ最良の策かな?

(ハネ仔の処分をきっちりやる事が絶対条件です。)

続きを読む »

2013年11月26日 (火)

フナと和金

Dscf6964

先日、温帯睡蓮スノーボールの鉢の掃除をした時に、鉢の中に居たフナです。

だいたい毎年、忘れた頃に、育っててビックリ!って事があるんですが、今年も・・・coldsweats01

しばらく、キャリコ和金作出用の若手の和金達と同居してましたが

本格的な冬が来る前に、池に戻す事にしました。

Dscf6957

針仔の時に入ったのかなぁ・・・・?

卵が何かについてたのかなぁ・・・?

Dscf6963

何処が違う、とかは、明確にはワカラナイですが、フナ尾でフナ色の和金とは違います。

長いのかな?

なんか違います。

Dscf6965

青水からフナだけ掬うのは、なかなか大変だったので、

せっかくだから、和金達も掬ってみました。

Dscf6970

さほど大きくはなってないですが、追星shineクッキリとか、お腹が膨らんで、メスかな?

っていうのが、わかって来ました。

Dscf6972

最初は、気性が荒くて困った2匹の短尾朱文金ですが、今では、すっかり馴染んでます。

2匹とも、追星クッキリのオスでした。

そして、透明鱗の多い朱文金、桜和金と、ミックス金魚のキャリコ??の仔がメスかな?

なかなか楽しみですぞ、こちらも。catface

続きを読む »

2013年5月13日 (月)

人が守らなきゃね。

177372801_org_v1368425522

げっ、人がいる・・・despair

ミジンコ田んぼに行ったら、今日は、こんな感じの同じユニフォームを着た人が

4、5人で、田んぼで何かしてる??

ま、いっか、行ってみよう。

と、車を停めたら、横に止めてある軽トラックに「ジャンボタニシパトロール隊」と。

うあ、ザルもって一コずつ拾ってるわぁbearing

暑いのに大変だぁ。

で、素通りするのも気が引けるので、挨拶をして、

軽く雑談をしてから、ミジンコ漁へdash

177373084_624_v1368418252

そんなこんなで今日採取してきたミジンコに混じったゴミをザルで濾したら

ドジョウの赤ちゃんが居た!!happy02

引っ越して来た当初は、我が家のすぐ下の田んぼにも、ドジョウが沢山居たのに

当時は、ジャンボタニシ全盛期で、田んぼの水が茶色くなる強力な駆除剤のせいで

他の生き物まで全滅してしまいましたcrying

でも、そういう薬が使われてる米が、人気があるはずも無く・・・。

最近では、ほとんど使われなくなりました。

そして、パトロール隊の方の地道な作業や、地主さんの栽培工夫のお蔭で

ミジンコも、ドジョウも、ゲンゴロウも住める田んぼが戻ってきたんだね。

しかも、ココの地主さんは、早期水稲でアイガモ農法。catface

今年はまだお会いしてないけど。

このチビドジョウは、和金稚魚が居る茶碗蓮のタライに。

そして、飼い主は、今日は半日、下の池の水草刈り。

それを終えて、カマや熊手、一輪車を洗っていたら、日も暮れてきた。

ん?近くで、コロコロコロコロ、あの可愛い鳴き声がする!

今日こそ、この可愛い鳴き声の正体をつかむぞ。

シュレーゲルであってほしい(-人ー)

・・・・・・コロコロコロコロ。

ココだ、昼にチビドジョウを放した茶碗蓮のデカタライ。

あてずっぽで写真を撮ってみた。

Dscf1477

い、居たーーーーーーhappy02

いやいや待てよ、鳴き声はコイツか?ほんとうに??

懐中電灯flairを取りに戻って、もう一回確認。

背中だけだとアマガエルかもしれないぞ??

それより赤ガエルかもしれないぞ。

イボガエルではないけどね。

Dscf1479

おわっ可愛い、可愛すぎるlovely

この大きな黒目、尖った口、目の周りに模様なし。

喉を鳴らしてコロコロ啼いてる。

君は間違いなくシュレーゲルだね。

Dscf1481

確認のため室内へ。

今日のコは、アマガエルと同じくらいの可愛いサイズです。

これには、先日気持ち悪がった母も

「目が大きいねぇ、これなら可愛いわ。そしてすっごい緑が濃いねぇ。」

Dscf1482

じっとしてくれてます。

お陰で写真撮り易い。

大きさ同じくらいでも、アマガエルとは全然違います。

アマは、プラスチックみたなツルツルボディだけど、

このコ達は、ちょっとざらついた感じの肌質。

調べたところによると・・・・

アマガエルは、ヒキガエルの仲間で?(マジでか?coldsweats02

シュレーゲルは青ガエルの仲間だそう。

写真を撮ったら、すぐに元の茶碗蓮のタライへ。

ありがとうね。

池の水草刈りをしている最中も、足元を、ピョンピョン小さい幼カエルたちが跳ねる。

アカガエルだよね?でもシュレーゲルかもしれない。

茶色いけど、イボじゃない。

私が田んぼから連れて来たんだよね、どう考えても。

今日も、チビドジョウと一緒に、小さなオタマも居たもんなぁ。

やっぱり池の放しました。

ゲンゴロウの幼生も。

生態系が崩れる??

ココはもともと人工の池。

ミジンコ田んぼは、うちから車で5分。

歩くと・・・10分くらい。

元は、居たのに、住めなくなって居なくなったのですよ。

でも、とりあえず、シュレーゲルは、なんとか住める環境なんだね。

母さん頑張るよ。

安心して卵を産める場所、作るからね。

(放ったヤツが何言うか(笑))

いや、放った責任あるからねcoldsweats01

2012年10月25日 (木)

アジアアロワナ

Jzkwu

大きな魚は、錦鯉しか飼育(池で放置だけど)したことありません。

そして肉leo食魚を飼育した事もありません。

多分、これからも飼育する機会は無いと思います。coldsweats01

だから、さっぱりわかりませんcoldsweats01

でも気になるのですhappy02

今日は、自動車保険を掛け変える為、

盆栽bud師匠の自動車car修理工場wrenchに行きました。

こちらの事務所は、動物王国(どっちかというと爬虫類王国)

事務所内には、アルビノの蛇が居たり、アルビノスッポンが居たり・・・

そして、60cm位のアジアアロワナが悠々と泳いでます。

以前はグリーンと2匹居たんだけど、

前回見た時、背骨が曲がってきていたので、長くないかもなぁ・・・と思っていましたが

やっぱりあの後死んでしまったようです。(-人ー)

このコは、逆に1匹になって、体格も良くなって、むしろ健康的になってます。

もう10年以上になるそうです。

アロワナがどれくらい生きるのか、どういう性質なのかも全く知りませんけど

2匹で居た時のストレスは大きかったのかもしれません。

(セパレーターで仕切ってありましたけど)

でも、このコは、常にここには人が集っているので、

とても人懐っこくて、カメラを向けても、すぐこっちを向いて、

カッコイイ体を見せてくれないので、ちょっと写真撮るのに苦戦しましたcoldsweats01

水槽の斜め後ろ側から、アロワナに見えにくい位置に構えてなんとかsweat02

顔だけ見てたら、なんだか今朝食べた焼き魚の顔を思い出したbearing

同じ動物家族でも、居るメンバーが、我が家とは全く違うので

ここに来るとかなりテンション上がる私です。

2012年9月 7日 (金)

混泳してみた。

1cfgj

デカ睡蓮鉢に入れていたチビ鮒たち。

なんか、全然見えないし、健康状態もわかんないから、移動することにしました。

でも、どこに??

池の鯉にエサを撒きながら・・・・「あflair

池は大小いろんな子が仲良く泳いでる。

じゃ、ココもイケるかも??

120907_1514011

ためしに入れてみたら、こんな状態にcoldsweats01

どっちも警戒してる。

でも数分後clock・・・

Ttbgi

ビビるデカ和金に比べて、意外と度胸あるのは、チビ鮒の方だったみたいcoldsweats01

というか、この水槽、金魚水槽から、淡水生物水槽に近づいてる?

(手前のジャンボタニシと言い・・sweat02

120907_1518011

堂々としたもんです。

なんか、金魚でよく「鮒色、鮒色」って言ってるけど、ホントの鮒って、よく見ると

「鮒色」よりは「青文魚色」だなぁ。

なんか、キラキラshineしてて、群れで泳ぐ姿が涼しげで気持ちイイ。

やっぱり「原種」というのは、別格だなぁ。

2012年8月25日 (土)

ふなふなふな?

120825_1423011

大睡蓮鉢の水換えをしました。

白メダカが入っていて、年に2、3回くらいしか水換えしないんですが(毎朝、差し水)

あまりにも汚れが酷いので、久々に全換え。

120825_1416011

白メダカ達は、なんだか老化してきたので、お年寄りと当歳を分けて、

南側の小型睡蓮鉢にそれぞれ引っ越して・・・。

普段は見えないけど、水を抜いたら鮒っ子がこんなに居ましたhappy02

春の頃に、下の池から稚魚を掬って入れた・・・あの子達だな。coldsweats01

何匹入れたか数えてなかったけど、多分ほとんど生きてる。

大きさはバラバラだけどsweat02

120825_1419021

以前、鯉が居たから、その子孫か鯉鮒ハイブリッドは残ってないかな?

とも思ったけど・・・居ませんね。coldsweats01

みんな鮒です。

ただ、若干、ヒレ先が赤っぽいので、鯉じゃなく金魚とのハイブリッド、または

私がハネた鮒尾が褪色せずに鮒色のまま・・・??

じゃ、金魚か??coldsweats02

なんか、餌は貰ってるくせに、

「お前になんか馴れないぞ。」

そんな態度の鮒たちです。sweat02

シャシャッdashと逃げまくる。

そして、メダカが引っ越したので、デカい睡蓮鉢は、鮒たちの独壇場となりました。

鉢に戻すと、全く見えんcoldsweats01

2012年7月17日 (火)

どんより・・・(-”-;)

今朝は、いつもより早く目が覚めて・・・・

金魚の様子を見に行って、焦るcoldsweats02焦るwobbly焦りまくりshock

昨日まであんなに元気だったランチュウの稚魚が・・・全部浮いてる・・・ぷかぁ~。○O

エアに巻き込まれてるのまで!!!

確認すると、とりあえず全員息dashしてるsweat02

大急ぎで、稚魚達を新水を張った洗面器に移し、舟の水をひっくり返すup

大急ぎで、舟を丸洗いして、イソジン消毒。

イソジンは乾燥する時に、最大の力を発揮すると本で読んだ事があるので

舟をイソジン浴して、ひっくり返すと同時に天日干しsun

朝だけど、ちょうどカーッsunと照ってきたgood

おひ様有難う!

ほんの数分で舟がカラッカラに乾燥完了。

そして・・・

浄水器付けてて良かったぁ~(蛇口につける簡単なヤツだけどね)

浄水を舟に張って、リセット完了。

これは間違いなくエラ病だ。充血こそしてないけど(普通鱗だから分りにくいか?)

アズマ錦の稚魚と同じ症状だ。

観パラDを投入し、弱った稚魚には強すぎるエアのコックを閉めて水流を弱く。

なんとかランチュウ稚魚達は一命を取り留めましたcoldsweats01

マジ焦った・・・sweat01

143562255_org_v1342518359

浮いてた仔も、エアに巻き込まれておぼれてた仔もみんな、なんとか午後には

舟底に居るようになり、食欲もありそうだったので、ミジンコをばら撒いたら

自分の周りを泳ぐミジンコを口をパクパクして食べるようになりました。

昨夜の蒸し蒸しは、飼い主にも犬猫にも辛いくらい異常だったからなぁ・・・sad

毎日水換えしてるにもかかわらず、だもんなsweat02

東錦の方は、すっかり完治しましたが、念のため今日も薬量を半分にしてのトリートメント。

今は元気だけど、予防のため、パール稚魚にも塩と微量の観パラD投入。

ランチュウは一応、今日のところは命を取り留めましたが、まだまだ心配なので

mahoちゃん先生(笑)は2時間置に回診にまわりました。

22時の回診で、魚達、すっかり睡眠に入っていたので、今夜は、もういいか。

幸い?台風typhoonの影響で、今夜は風が強くて涼しいです。

と、ランチュウ達は一命を取り留めましたがもう一方悲しい出来事が・・・weep

睡蓮鉢で、イイ感じに褪色を終えた和金が、飛び跳ね事故でカピカピに・・・crying

アリがわんさか群がっていて時すでに遅し。

しかも、鉢の手前じゃなく裏側にハネてたので気づいた時はもう煮干しshock

和金で思い出したけど・・・。

春に白メダカの大鉢に放した鮒稚魚、生きてるかな?

Cimg9733

お?生きてる生きてる!happy02

っていうか・・・この仔ら、金魚の1番仔より早く生まれてなかったっけ?

一応、成長はしてるみたいだけど、全然大きくなってないぞ。(変な日本語だな?)

だって、一番小さいのは1.5cmくらいしかない。大きいのも小赤サイズ。

Cimg9735

メダカと大きさ変わらん。coldsweats01

それはそれで良いのだけども・・・。

(大きくなりすぎたら、また池に戻せばよいだけの話。)

睡蓮鉢(大鉢)でも、このサイズで止まってるってことは・・・

和金稚魚が居なくなったメダカ鉢にも、また鮒稚魚を入れよう!

143575258_org_v1342522070

下の池に降りてきました(網もってsmile

池の縁には、こんな感じで、青仔サイズの鮒の稚魚が居ます。

人に掬われた事も追われた事も無いので、網を入れても全く怖がらない。

143574180_org_v1342522380

簡単に掬えちゃうので、5匹掬いました。

一匹だけ居るオレンジは、緋メダカが居たので掬いました。

きっと、うちから流れたメダカの子孫でしょう・・・sweat02

楊貴妃メダカの鉢に入るので、緋メダカも入れてイイでしょ。

血が薄まって健康的だわ。catface

しかし、一難去ってまた一難の稚魚飼育。

今年は去年にも増して厳しい夏です。

2012年4月26日 (木)

稚魚ちゃんズ

Cimg9100_3

金魚の産卵が待ち切れず、下の池から掬ってきたフナの赤ちゃんcoldsweats01

この仔達も、一応「稚魚」なので・・・一応じゃないか、稚魚かsweat02

ミジンコのおこぼれを貰って、こんなにお腹パンパンです。

「黒仔」に育ったら、池に返そうと思っています。

Cimg9102

らんちゅうの稚魚達は、採れたてミジンコをふんだんにばら撒いたので

一日中食べてます。

ミジンコ達が、容器の角っこに集まるので、自然と稚魚達も角っこに集まってきます。

Cimg9103

こちらは、自家産パール稚魚達です。

完全に蓮の容器兼ミジンコ育成ボックスで放置してますが

尾も開き、体も太くなってきました。

もうしばらく放置します(笑)

そして、今日は、水泡眼の孵化も始まりましたが、

明日の朝、気温がググッと下がるらしいので、洗面器で孵化させましたが

洗面器ごと、南側の日当たりのよいひょうたん池に浮かべて、冷えをしのぐことにしました。

他にも、孵化待ちの卵でホテイアオイや洗面器の移動可能な卵は

親魚の舟に浮かべ避難。

移動不可能な卵(アズマのプラ舟60とか)は、そのまま頑張ってくれたまえ。

孵化する奴は孵化するんだから。

らんちゅう稚魚は、容器にビニールで覆いをしました。念のため。

でも、「金魚にヒーターは絶対に使わない」というポリシーを持っているので

冷えで死んだら、それはそれで仕方ないと思うのです。

丈夫な卵だけが孵化して、丈夫な仔だけが育って、その中から選別していけばいい。

温帯気候の寒暖差についていけない温帯魚は、元々体質が弱いのだ。

だってヤツらは「フナ」なんだから。

フナ稚魚を見ながら、ついつい甘やかしそうになってしまう自分を戒めるのです。

幼少期に甘やかしたら、大人になってもずーっと甘やかさないといけなくなるからね。

(注)これはあくまで、うちの飼育法です。稚魚を沢山育てたい方はヒーター使いましょう。

2011年8月 4日 (木)

池フォトギャラリー’11

Cimg6660

今朝は青空が綺麗sunだったから、絶好の写真camera日和。

Cimg66392

今年はホントに花数が多いです。

Cimg66572_4

次々に蕾が膨らんできます。

初めは、弱った1株から始まったんだけど・・・気付けばこんなになってた。

Cimg66612

種もどんどん作られます。

Cimg6669_3

蓮の根元は小さい魚天国♪

今年はメダカも豊作です。だれも採らないので、全く人を怖がらない・・・sweat02

洗面器で簡単に掬えてしまうので、少し水しぶきsweat01を立てて驚かしてみたけど・・・。

Cimg6664_2

小鮒は素早く泳ぎます。

見て見て、このシャープな体型。我が家の和金達とは明らかに違う体型です。

野性的だねぇ。

Cimg6647_3

熟して池に転げ落ちたプラムに、でっかいオタマジャクシが群がってます。

へぇ~、果物食べるんだ??

Cimg6671

カメラ助手dogは、散歩後のバテバテもあって、日陰で涼んでおります。

最後に・・・・

Cimg66562

我が家にとっては、今日はイイ天気でのんびりすごせた一日でも

世の中には、大切な人を亡くして泣いている人達も居るんだよね・・・。

松田直樹選手・・・残念です。

今日、我が家の池に咲いている蓮の花は、

松田直樹選手をはじめ、今日天国に召されたすべての方に捧げます。


2011年7月11日 (月)

あれっ?居たの??

ツイッターでも呟いたけど、和金水槽が強烈に汚れていたので

水換えをしたら、タライの中で、産卵しちゃった。wobbly

だから異常に濁ってたのかぁ・・・。

で、綺麗に洗って、注水してたら・・・・・おや?

おやおやおやおや??????

Cimg6275

あぁ、なんだ、どじょうか・・・・・・って、はぁ??sweat01

なんでどじょうが居るのよ???

どじょうは、春にみんな、下の池に放したはず・・・・・・

・・・・・・・・・

そういえば、一匹足りなかったかも?

あの時は、単純に、「死んだんだろうなぁ」と思っただけだったけど。

お前、おったんかぁ・・・・。

なんか、和金たちも、そんな顔してどじょうを見てる。(笑)