2014年12月21日 (日)

爆弾低気圧の一日

B5la6djceaabnwi

前日の天気予報で、なんじゃこの天気図は!?と思うほど、異常な低気圧のせいで

南国と言えど、ここ鹿児島もめちゃくちゃ寒い一日でした。

さらに南国、徳之島出身のこつぶも、初めて経験する寒さじゃないかな?

おおあくびで、朝ねぼうです。

B5lasnceaa5a6d

おはよう、こっちゃん。

でも、この後、寒すぎて、また毛布の主になりました。

外が気になったので、出てみると・・・。

B5lkrbdccaavwba

うぅ・・・寒いね。

B5lk_vhcuaax2z6

車庫の親魚達も、じーっとしてたり、ふわーっと水流任せ。

アズマのママが転覆してなくてホッ・・・dash

B5ljt9tceaacbq7

メダカの鉢は、それぞれ、ガッチガチに凍っております。

B5ljx3kcaaay9hr

土鍋のパンダメダカ達は、氷の下で、人影に反応しながら泳ぎ回ります。

元気やなぁ。

B5ljeeicmaaivsu

うわっ、エアレーションしてるのに、ボコボコ避けるように氷張ってるwobbly

B5llsinccaa4xpv

ここは、一番暖かいはずの南端、キャリコ水泡眼当歳魚の舟です。

水泡ちゃん達、じっと耐えてます。

一番暖かいはずの場所が、こんなにガチガチで、一番寒いはずの北側は

軒下と、擁壁のお蔭?全然凍ってない。

と、寒すぎて、ここで一旦室内に戻って、もうちょっと気温が上がってから、

こつぶの散歩に行こうとしたら、ちょっとサッシを開けた隙に、こつぶがまた脱走dash

でも、前回と違い、今回は、もう土地勘もあるし、多分、行くとしたら、

ご近所のワンコが居るお宅・・・・めぼしいのは、あそこだ!

案の定、居ました。

大きなシェルティの雑種わんこ(避妊済の女の子のトコに、いっしょけんめ尻尾振ってbearing

飼い主さん、優しいオバちゃんなので、とりあえず謝罪と、こつぶの自己紹介をして、

その流れでお散歩に。

B5le2egceaeqn6a

公園もまだ凍ってる。

なんだか勢い余って、随分遠くまで歩いて来ちゃいました。

B5lkveicmaakngq

こんなトコまでは、ジャムとドライブでも来たこと無いぞ、こつぶ。

脱走兵の身柄確保して、ホッとした勢いで来ちゃったから、

息を整えながら、かなりの距離を歩いたり走ったりしたのに、

帰り着いた時も、全然疲れてない。

B5lw3tycyaam9zs

ただいまぁ~。

猫のお兄ちゃん、お姉ちゃんがお出迎え。

そして、こつぶさんは夕方までぐっすり昼寝。

庭の氷は、お昼が過ぎた頃、ようやく溶け出しました。

2014年10月 4日 (土)

今年生まれの透明鱗メダカたち

015d007e07db2cc57eebca74572ae3fcfd4

また台風が近づいてますねぇ。despair

しかし、今日は台風が近づいてるとは思えないほど穏やかなsun秋晴れ。

チビ当歳金魚達にも、過ごし易い気候になってきました。

北側の瓶のチビ金魚たちも、食欲旺盛。

01e0c87629094b3a0daeb72d822cae9a5c6

今年、数々の金魚稚魚達を世に送り出した土鍋も、今は、

オレンジ色のメダカ稚魚達の揺りかごです。

月齢1~2ヶ月のメダカ稚魚達も、いろいろ個性が出始めてきました。

今年は、メダカも透明鱗をメインに採卵したので、ちょっと例年とは違う雰囲気です。

01a82b4807f27462c3d245ac2d7f11973dd

特に気になったのが、この仔です。

01f1fb5fd749730710edaf2238eebe585dc

ピントが合わないぃぃsweat01

透明鱗三色タイプの仔ですが、黒がしっかり効いてていいなぁ。

このまま、黒いマダラを維持して欲しいhappy02

016ca7e8494f34aa2e1109c949f0c64f365

こちらも、ひょっとしたら上の仔と同じタイプなのかな?

白、グレー体色ベースの透明鱗光タイプ。

01e52c2a1c45c20941598310748e92171ce

真白い透明鱗光は、エラだけがほのかに赤くて、上品な感じです。

01ae50e34b58df2d740115ec3ca4793c306

グレー体色の光の仔は、ひょっとしたら三色かな?頭に薄らオレンジが乗ってる気がします。

メダカはねぇ、小さいうちは、色が薄いから、これからの変化が楽しみです。

しかし、光タイプになると、背曲がりが出るなぁ・・・ここ、要改善ポイントだな。

01f1b02648617e6f777e409fa445d99dbb9

上見だと、なんのこっちゃか分りませんねcoldsweats01

010a0439d744bb173540ed5133cb38857bd

この仔達は、楊貴妃透明鱗と、楊貴妃ベースの透明鱗三色が出てるみたいです。

01c6c06fa6b44fc8103e97424522c09d13a

ココも、光遺伝子が入ると、背曲がりが出てる・・・。despair

0187bc777b03d365c96310eefd165853e9b

上から見ると、まだ、色が薄いので、琥珀メダカみたいですが・・・

来年、どんだけ色のメリハリが付けられるかな。confident

01208d70769a3e7cb6e817b921a7b57fa54

この仔達は、パンダと、パンダ光ですが、土鍋は卒業してる、ちょっと大き目の仔達。

パンダは、金魚で言うところの全透明鱗らしいので、

本来なら、グアニン色素で、背中ギラギラの光メダカのはずなのに、

透明鱗なので、全く光らないという・・・coldsweats01

でも、この系統の光タイプには、背曲がりが居ないので、

光メダカ、透明鱗メダカの立て直しに使う

ベース的な存在として大事にしていこうと思います。

01536c62d7d605d4b7679f90c6b5b0740d6

この仔達は、透明鱗とも光メダカとも関係ない、幹之メダカのダルマちゃん。

今回、ノーマルの幹之メダカ(青、白)は、撮りませんでしたが、

うちのメダカで、ダルマが出るのは、幹之だけのようです。

017d68df719430525572f105a67856898d3

ちょこちょこと可愛いんですけどね。

毎年生まれるみたいですが、いつの間にか居なくなってるんですよね・・・・despair

今回は、ざっくりと似た色の仔を集めて写真を撮りましたが、

厳密に分けると、色々種類が違って、バリエーション増えるんでしょうけどね。

なんせ、メダカ飼育はアバウトなもんでsweat02

メダカも種類が増えてきたので、来年、色柄がもっとはっきりして来たら、

種類分けをしないとなぁ~~~。

2014年8月13日 (水)

ソードグッピー方向へ

Cimg5319

お盆ですが、いかがお過ごしでしょうか。

うちは、母が朝から、初盆の所や、お世話になった方の所への仏壇参りに持参する為

池に入って蓮の花を切っています。

そして、なんだか今年は、地元の人たちの間で、メダカブームが来ているらしく?

母のメダカ外交もお盛んで・・・。

私も朝から、野池の黒メダカを掬い、アクセントに楊貴妃をちょっと混ぜてパッキング。

(もう楊貴妃も、あげすぎて、そろそろホントに少ないんだけど・・・)

ま、今年も卵採ったからイイケドねcoldsweats01

マツモとホテイアオイも、セットで差し上げています。

今回は、母の同級生で、職場のオーナーさんの所だそうです。

Cimg5299

手頃なホテイアオイを探して、睡蓮鉢やら舟を覗いていたら、

グッピーの水が汚いなぁ・・・。

金魚ほど頻繁に水換えをしないから、そろそろ換えないとなぁ。

水を抜いていたら、どうも水面をチロチロ泳ぐソードグッピーのような仔を発見。

エンドラーズを1回だけ交配した(すぐ死んだcrying)から、出ておかしくないというか

狙ってたというか・・・・イヒヒヒヒhappy02

Cimg5308

ミックスF2にして、市販の「エンドラーズ」に近いものが出ました。

Cimg5315

一番上を泳いでる仔は、ゴールデンタイプ。

当初、ゴールデンエンドラーズを作りたいなぁ・・・と軽く思った事もあったのでラッキーshine

尾びれの上部の模様が気になります。

ちょっとだけトップソードっぽい?尾びれの先(上部)にちょっとだけトンガリがあります。

オレンジテールの仔達も、ボディの色彩が、エンドラーズの影響を受けてるような

気がする・・・。

右下の仔は、これから色が出てくるみたいなので、楽しみです。

Cimg5286

輸入のソードグッピー追加しようかな?とか思った事あったけど

追加しなくても良かった。coldsweats01

エンドラーズの遺伝子って・・・強いんだなぁcatface

私みたいに、ワイルドフォルムのグッピーが好きな人にはウレシイけど、

ヒラヒラフワフワグッピーが好きな人には、厄介な遺伝子なのかな?sweat02

2014年7月 9日 (水)

嵐の前の晴天(昨日の話)

Cimg49892

(昨夜、寝落ちてしまったので、一日遅れて今日更新します。)

翌日には、大型台風が接近するというのに、信じられないくらいの晴天でした。

今年一番の蒸し暑さが、昨日から続いています。

今朝は、市の肺ガン検診に出掛け、その足で、また、ジャムの食べ物他を買いに

例のホムセンへ直行。

Cimg5065

今回は、栄養フードの他に、コレを買うのがメインup

お外で昼寝用に、バスマットを買って来ました。

Cimg5068

晴れてますが、風はかなり強くなってきました。

最近、体調がよく、御飯も食べるようになったジャムさんですが、

困ったことに、昼と夜が逆転。なので飼い主は寝不足で・・・。

私が、昼間は、ほとんど庭に居るので、室内に居たくないらしいのです。coldsweats01

おトイレも、外で寝かせてるほうが、自分で起きて行けるので、楽ですし。

そして、ついでだったので、金魚餌と・・・またダイヤモンドグッピーを3匹追加しました。

Cimg5037

このグッピーは、他の輸入グッピーより、100円高い分、状態も良くて、

お店でも病気も出ていませんでしたので、ジャンボタライに、合流させました。

Cimg5056

手前の鉢の幹之メダカを、はるかにしのぐこの光っぷりshine

Cimg5042

5匹になったら、さらに存在感が増します。

この屋外飼育、ひょっとしたら、故郷の環境に近いの?

夏だからというのもある?病気も全然出ないし、購入魚の馴染みも早い。

それに比べて金魚の子供らは・・・。

昨日、強烈に蒸した影響で、充血が出てました。

水換えで対策したにもかかわらず・・・。

それくらい、もう人間もクラクラするほどの蒸し暑さでした。

ミジンコ採りに行って、わずか5分で、死ぬかと思った。

すぐ採れたから良かったものの・・・。

まぁ、水換えで、対処出来る程度だったので、薬の投入はしませんでした。

黒仔サイズの稚魚は、充血で、江戸錦の青仔(未満)は、白点が出てるから、

加温できる場所に移動。

Cimg5002

なんで、今頃、白点が出るのよっangry

Cimg5006

こっちは、日陰で風通しが良すぎた?

Cimg5070

白点は出てるけど、ミジンコをモリモリdelicious

夜、暗くなってから、グリーンFを投入して2日。

とりあえず、増殖は食い止められてます。

Cimg5072

場所を入れ替えられたメダカの孵化水槽は、逆に、ここにきて観察しやすくなりました。

どっちにとっても良かったかも?

Cimg5077

ちょうど孵化も始まってるし。

ここは、メインで残す、青、白の幹之メダカと、琥珀透明鱗三色と、琥珀透明鱗光の仔を

育成中です。

最後にdown

Cimg5008

最近孵化したキャリコ土佐の針仔達。

いち早く、車庫に避難しております。

Cimg5016

元気に、ミジンコを追っかけてますねぇ。

多すぎず、少なすぎず、ちょうどイイ孵化率でした。

2014年6月29日 (日)

たまにはメダカも

Cimg4616

たまには、メダカもね。

今年、真面目に(?)採卵しようと考えているのは・・・。

この睡蓮鉢に居る仔達down

Cimg4631

琥珀透明鱗三色メダカのペア。

Cimg4620

琥珀透明鱗光メダカ。

あとは、

青、白の幹之メダカ(系統維持)

パンダ光メダカ(透明鱗遺伝子、光メダカ遺伝子維持)

それとブチメダカかなぁ・・・。

あとは適当にcatface

2014年6月26日 (木)

雨の日はダメだなぁ。

Cimg4424

ジャムさん、また雨だねぇ。

今朝は、午前中から、雨が強かったので、外の稚魚舟を開けたのは、正午過ぎでした。

フン濾し水換えしてから、ミジンコばら撒いて、1時間ほど、稚魚達を雨に当てて

今日の金魚は、閉店ガラガラ。

メダカの卵もいい加減採らないとと、睡蓮鉢を覗いて、ホテイアオイを摘んで

卵だけ地道に採る、採る、採る・・・疲れたsad

なーんか、いつまでたってもメダカが増えないと思っていたら、

雨での増水だけじゃなく、思わぬ人災が起こっていたshock

母が、勝手にホテイアオイをあちこち移動して、どれがどれかわからなくなってる上に、

睡蓮鉢(稚魚鉢)の水をヒシャクで汲んで捨てていたーーーーーーwobbly

稚魚がチョロチョロ泳いでる事も気にせずに・・・sweat02

これはもう、いくら言ってもダメだろうから、対策を考えなくては!

あ、加温舟の下に置いてるチビ水槽が空いてる。

ここをメダカ稚魚育児舟にしよう!

ここなら、増水することも、母に捨て水されることも、浮草移動されることも無い。

横見での観察も出来るしね。

そうだ!横と言えば、グッピー達を掬ってみてみよう!

どうも、ジャンボタライに入れていると上見だけで、全然綺麗に見えない。bearing

それどころか、むしろ汚い。(色彩がねsweat02

それで、ジャムさん監督の下、ランダムにグッピーを掬ってみました。

Cimg4403

上見は、相変わらず、全然綺麗じゃない。

Cimg4388

うおっ!横見は綺麗だよーーーーーーーhappy02

マゼンタ健在!

Cimg4397

マゼンタゴールデンも健在です。

ノーマルタイプに全然負けてたんですが、久々に見ると、見劣りしなくなってきました。

Cimg4431

角度によっては、単なるフラミンゴみたいですけどcoldsweats01

Cimg4445

こんな日は、エンドラーズ斑消えてるなぁ・・・。

Cimg4454

雌の色も、濃くなってますね、一応。

Cimg4415

エンドラーズ・ハイブリッドは、マゼンタに比べて、背びれがシャープだなぁ。

Cimg4401

やっぱり、天気悪い日はダメだなぁ・・・。

Cimg4446

次世代を担う子供らが、混じってました。coldsweats01

ゴールデンだなぁ、さて、どんな子に育つかなcatface

2014年4月22日 (火)

頂き物

Cimg2013

母の車のバッテリー交換に来てくれた盆栽師匠から、変わりメダカを沢山頂きました。

盆栽とか山野草屋さんが、メダカ屋さんをしているところがよくありますが、

盆栽師匠も、ディープなメダカ愛好家さんなのです。

Cimg2016_2 

パンダ、ダルマ、琥珀系、幹之系、透明鱗、ブチ、今回も色々居ます。

手持ちの系統だけで交配を続けると、どうしても血が濃くなってしまうのと

色んな交配を楽しめるので、助かります。

Cimg2035

今回頂いたブチメダカ(白系)

Cimg2041 

ブチメダカ(オレンジ系)

Cimg2057

オレンジと言っても、琥珀に近い色や、薄い色が居たり。

ブチは、時々、普通のヒメダカの中にも時々ブチは居ますが、

ちゃんと品種として確立されたものは、模様がはっきりしていて違いますねぇ。

Cimg2022

そして、メダカだけじゃなく、カンアオイも!!

これ、欲しかったんですhappy02

スベシオサという品種です。

Cimg2023_3

蕾を持ってます。

カンアオイは、葉の模様(斑の入り方)を楽しむのと、

キモカワイイ花を楽しむという、2つの楽しみ方があって、私は後者です。

セッコクとか、富貴蘭とかエビネなんかは、愛好家も多いけど、

カンアオイは、なかなか育てている人が居ないので、

話が出来ないというのが、盆栽兄弟と、私の共通の悩みなのです。

蘭のような綺麗な花ではないし、香りがする訳でもない。

でも、水戸黄門で有名な、「あおいのご紋」は、カンアオイの葉なんですよ。

山野草マニアックスとかの専門誌では、必ず載ってるのになぁ。

うーん、でもなぁ・・・・、セッコクとかエビネみたいなメジャーな存在になってしまうのも

それは、それでつまらない。

ヲタクの我がままかなcoldsweats01

続きを読む »

2014年3月18日 (火)

春のお客さん準備

Dscf0080

今日も朝から20℃越えのポカポカ陽気。

白花チューリップが続々開花してきました。

Dscf0077

白いチューリップって・・・こんなに綺麗shineだったんだ・・・。happy01heart04

さて、昨日のグッピーの産仔に続き、今日は、メダカが卵を抱えて泳いでました。

Dscf0086_2

もう、そんな季節か・・・・。

Dscf0081_2

しかし、やっぱり、メダカも、ちゃんと選別しないとダメですね。

今年は、まず、親を選別して減らしてから、それから採卵しようと思います。

でも、気持ちはグッピーに傾いているので、選別後も、採卵は気が向いた時だけ

になると思いますcoldsweats01

そして、最近、夜になると、コロコロコロコロ、コロコロコロコロっと、

聞き覚えのある生き物の啼き声がします。

どうやら緑色のお友達が目を覚ましたようです。

それならば!と、今日は、緑色のお友達を迎える準備をしました。

何の事かって?ふふふふcatface

Dscf0095_2

まず、ココから。

左のビオラ鉢を水鉢より高くして、出来る限り水鉢にひっつけました。

後ろのプラの鉢も、モサモサ生えてる小花の下に土があるから、

そこでも可能だね。

Dscf0096

そして、ココも。

左のサギ草鉢は、土じゃなくミズゴケだから、使えるかワカラナイけど

後ろの白花が咲いてる鉢なら、十分可能だね。

Dscf0097

ココも行けそうwink

いい加減、何って?

ふふふ、シュレーゲル青ガエルが産卵出来そうな場所を作ってあげてたんですよ。

去年、庭で初めて出会って、可愛さもそうですが、

土に卵を産むという変わった習性も面白くて。

Dscf0098

あとは、ココも可能そう。

植木鉢の土の中に、泡のような卵を産み、孵化が近くなる頃、

泡のような卵は、雨で溶け出し、手前の水鉢に、オタマ達が、雨で流れ落ちる。

モリアオガエルは木の上だけど、シュレーゲルは、土の中。

でも、雨水を利用するのもところは同じかも。

シュレーゲルさん、今年も待ってるよ。

あ、そして、春のお客さんと言えば、お隣家の一ッ葉の木に、

アカゲラ(キツツtキ)がコンコンコンコンやってました。

Dscf0087

コンコンコンコン突く音は心地よいけど、実際のアカゲラの鳴き声はギーギー。

人の気配を感じると、すぐに木の上の方に上がって行っちゃうので

写真撮るのは、なかなか大変です。

この後も、植込みに隠れている私に、黒猫の十太郎さんが、

何やってるにゃ?と、啼きながら近寄ってきて、キツツキさんに逃げられた。

もーーーーーーーっ。

続きを読む »

2014年3月16日 (日)

金魚始動!

Dscf0011_2

もう、いい加減、金魚の水換えをしないと、水が限界bearing

思い切って、金魚舟の大掃除しました。

Dscf0016

水が綺麗になると、金魚も気持ちよさそう。

そして、姿が見えると、飼い主のスイッチも、自然とオンに・・・・。catface

Dscf0010_2

魚をタライに避難させて、舟をバシャーーッとひっくり返し、コケとドロドロ汚れを

ヘラでそぎ落とし、さらにタワシでゴシゴシ。

私は、よっぽど病気等でも出ない限り、ハイターは使用しません。

なので、もう、いくら擦っても取れないコケは、もうそのまま。

でも、それがあるので、水を全部、新水にしても、水質が安定し易いです。

新しい舟より、使い古した舟のほうが、水質が安定するのは、こういう取れないコケや

タワシで傷ついたところに微生物が住み着いてくれてるんでしょうね、きっと。

Dscf0002_2

これは、北側の水泡眼。

ここは、結局、青水が出来ず仕舞でした。

というか、それが例年通りなんです。

今年が変なんです。

南側も、車庫内も、餌を切らなかったので、ずーっと青水でした。

こんな年、過去に一度もありませんでしたよ。

Dscf0003_2

で、水泡眼は、今年は、キャリコと青文色を採る予定です。

Dscf0006_2

そして、噂の車庫内の土佐金と琉金舟。

ここが青水になるなんて?!という所なんですが、濃い濃い青水でした。

全換えして、すっかり綺麗になりましたよ。

Dscf0008_2

あんまり濃いまま放置してたので、金魚達が肌荒れしてる・・・ごめんよ。weep

でも、ま、水換えで治る範囲だと思います。

そして、ここには、白幹之メダカが同居していたんですが、水換えの度に、誤って

流してしまい、水溜りでメダカが泳いでるって事がしばしばあったので、引っ越ししました。down

Dscf0024_2

青幹之メダカBチームと合流。

Dscf0020_2

一番大変なのが、ココ。

砂利を洗うのが大変で、ベアタンクにしたんですが、

今度は、濾過がキャパオーバーで、塵や汚れが舞って、もう、ほんとに水が持たない。

なので、思いつきで、砂利を復活しました。

(グッピーと同じ、土木用の砕石ですcoldsweats01

もう少ししたら、近くの用水路からシジミ採って来て濾過能力試してみようかな?

用水路には、茶色いシジミ(マシジミか台湾シジミのどちらかだと思います。)が、

春になるとザクザク居ます。

今年はまだかな?

Dscf0023_2

そして写真を撮った分は、最期に、チビっ子明け2歳たち。

3cm弱のチビアズマも、無事に冬を越しました。

このほか、自家産江戸×青らんF1舟、キャリコ和金候補の舟も洗って、

残りが、親アズマのひょうたん池と、親江戸の舟の2つ。

結構大変なのが2つ残りましたが、明日また頑張ります。

続きを読む »

2014年1月13日 (月)

幸せの黄色い・・・。

Dscf7867

こっ、これは?!クリスマスローズの蕾では????

いよいよ開花間近?!notes

1年待ったからなぁ・・・。蕾らしきものがあるのは、今の所1鉢だけですが、

楽しみです。happy01

Dscf7866 

おや?クリスマスローズの鉢の間に、蝶が居る。

昼間だけ、ちょっと暖かいから、目が覚めちゃったかな?

Dscf7878 

珍しく、メダカ達も、上がってきたので、餌を与えてみました。

といっても、車庫の温度計は11℃だけど?

変だなぁ。

Dscf7885 

変だなぁと言えば?

なんで黄色いグッピーが居るんだ?(笑)

もう、買わないって言ったばかりだぞ?

Dscf7889 

へへへcoldsweats01

だってねぇ・・・この赤い雄が、1匹の雌だけに夢中になって、

他の雌をないがしろにしてるからさぁ・・・sweat02

そして、なかなか産まないし。

ちょっと刺激を与える為にも、1匹だけ追加してみました。

Dscf7892 

実は、最初から、この黄色が欲しかったというのもあるんですけどね。

派手派手でしょ?

Dscf7913 

この黄色を選ぶ時は、沢山の中からで、掬ってもらうのも、なかなか大変だったんですが

背骨の曲がり、顔のゆがみ等、骨の奇形が多かったです。

あと、ボディの太さにも、かなりの差があったり。

このコも、出来れば、もう少し、背びれが長かったらなぁ~、と言う感じです。

尾を短くしたい分、背びれは長くしたい、というのが理想です。

続きを読む »