2014年1月12日 (日)

外来魚とは?

Dscf7834

近頃、グッピーを復活したことで、地元の温泉グッピーの事や、

そう言えば、ティラピアとか、モーリーも居たな、なんて、思い出したりして

本棚から、こんな本を引っ張り出して見てみました。

中身はざっとこんな感じ。down

Dscf7835 

まぁ、絶対載ってるグッピーと、このコクチモーリーは、北海道に居るらしい?!

鹿児島に居るのも、こんな感じですが、

こっちのは、尾びれの先に黄色が入る個体が多いです。

Dscf7836

グッピーが生きられるということは、当然、他の卵胎生熱帯魚も生きられるという事で・・・sweat02

サザンプラティフィッシュって、言わずと知れたプラティなんですが、

観賞魚本と、呼び名が違うのはどうしてかなぁ?

この辺は、主に、沖縄に居るらしいですが・・・。

Dscf7838 

こっちも、観賞魚本とは、呼び名が違うけどロリカリアというか・・・プレコだよねぇ?

やっぱり沖縄方面に居るらしいです。

Dscf7839 

なんだか、だんだん、見てるうちに不安になるなぁ・・・sweat02

沖縄なら、大抵の観賞用熱帯魚は生息できるって事だよねぇ・・・。

ゼブラダニオが載ってるのに、なぜかアカヒレは載ってない。

アカヒレは、鹿児島県では、何の問題もなく屋外で越冬して、

メダカよりも簡単に、勝手に増えました。

でも・・・、観賞魚としては、不人気だった?

もともと買う人が少ないから、放流数も少ない??

さぁ・・・・どうかなぁ?

Dscf7842 

外来魚と言えば、コレですね。カダヤシ。

でも、私、個人的には、カダヤシには、とても魅力を感じてしまうのです。

子供のころ、カダヤシだけが住んでいる水域があって、

グッピーと一緒に飼っていた事があるんですが(飼育禁止になるずっと前の話です。)

グッピーのように、ポコポコ産む事は無くて、

結局、カダヤシの産仔は、経験出来ず仕舞です。

ほんの数年前には、最寄駅の、小さな和風庭園風の池に繁殖していたんですが

今は、その池も、放置された挙句に干上がってしまいました。

卵胎生魚好きの私としては、カダヤシを飼育出来ないのは、ほんとに残念です。

日本メダカを守るために、なんだか悪者になってしまったカダヤシですが、

この本には、実はメダカも載ってるのです。

Dscf7840 

一時期流行った、メダカの放流が、生息地ごとに違う遺伝子破壊につながったという。

あと、改良メダカの存在も。

これは、他の魚にも言える事らしくて(この本を見て気付かされました。)

Dscf7841 

日淡といわれる魚の代表的なタナゴや、最も身近なフナさえも、

本来の生息地以外の所に放たれたら「外来魚」と呼ばれてしまうんですね。

この本に載っている魚が全部、飼育禁止の特定外来生物では無いですが、

外国産の魚や、観賞魚だけでなく、もともと日本産の生き物でも、

安易な放流は、環境破壊につながるという事を、忘れてはいけませんね。

誰かが、お店で買って、でも飼いきれなくなって、自然に放ってしまったその魚も、

本来の水域では、絶滅の危機に瀕しているという事も、事実だったりする訳で。

先ほど、ちょこっと触れた、アカヒレも、本来の生息地、白雲山には、もう居ないと、

聞いたことがあります。

そういう事を考えると、養殖物の金魚やグッピーを飼育して楽しむのが

一番、環境にも影響を及ぼさずに、アクアリウムを楽しむ最良の策かな?

(ハネ仔の処分をきっちりやる事が絶対条件です。)

続きを読む »

2013年3月 9日 (土)

ちょっと暖かくなったからって・・・。

V7qaw

魚不在の水鉢が3つもあるので、なにか変りメダカを入れようかな?と

お店をハシゴしてみたけど・・・これと言って気に入った変わりメダカが居ないbearing

出目メダカは好みじゃないし、楊貴妃と幹之は居るし・・・。

flairそうか、もう南側の鉢は、夜でも水温が10度以下にならないぞsmile

Ickuh

と、いう事で、3月ですが、屋外熱帯魚飼育を開始することにしました(^0^)ノ

アフリカンランプアイ5匹。

Heedx

先日植え替えた白い大蓮のジャンボタライに。

現在、白メダカが2匹だけ居るけど、ランプアイなら、メダカと交雑もしないでしょ。

Dyb9s

なんかすんなり馴染んでくれた様子。

Sh3h0427

ちょっとわかりづらいけどsweat02、白メダカと一緒に、

砂埃を上げて土中のイトメと赤虫を食べてます。

この泥には、メダカの好きな餌が豊富なので、人工餌不要なのです。happy01

Wfxn0

そして、もう一つの袋は、レッドビーシュリンプ10匹。

レッドビーも、お安くなったなぁhappy02

多分、ハネなんだと思うけど、1匹298円。

店員さんの

「ご自分で掬われます?」

の嬉しい一言で、自分好みの、割かし良エビをゲット出来ました。

Uvitt

エビたちは、このモルタル鉢で育てます。

ここは、ミニ睡蓮と糸タヌキモだけで、

メダカを入れると、今の季節はカワセミに獲られてしまうのでエビにしました。

Sh3h0434_3

エビちゃん達も、それぞれに、鉢の内側についた緑のコケをせっせとお掃除。

なかなか落ち着いてるなぁcoldsweats01

Pujpv

こっちの鉢は、ミニ睡蓮の鉢を沈めているだけなので、

大蓮のタライのような泥どろな感じは無く、容器のお蔭で水温も安定してるから

そこそこ、エビには良いのでは???

もちろん、真夏は無理ですよ、っていうか真夏まで生きるか??

あわよくば増やしたい。happy02

過去の経験では、水草水槽で、ケンミジンコが湧いた時に、レッドビーが爆発的に増えた。

このモルタル鉢は、だいたい春先に、ケンミジンコが湧くのよねぇ~。

微生物が湧くと、食虫植物であるタヌキモも元気に育つし。

真夏まで生きたら、場所は移動しますよ、というか梅雨まで生きたら移動だな。

雨がガンガン入ったら流れちゃうし。

っていうか、今はまだ、そこまで考えなくても大丈夫さ。coldsweats01

ちょっと暖かくなったからって、調子にのって、屋外熱帯魚飼育を始めちゃいました。

2012年4月11日 (水)

嵐の後のメダカ達

Cimg8926

午前中は、嵐のような大雨rain

よりによってこんな日に咲かなくても・・・・・ナガバオモダカが開花。

でも、雨に打たれて、花びらはへろへろ~sad

Cimg8929_3

母が買ったポット苗を、植え替えずにほっといたら、ポットを突き破ってたので

株分けしてちゃんと植えたら、こんなにも早く花が咲きました。

すみませんsweat02

ここは、青光メダカ×白メダカの鉢。

青光と白メダカは、体格がデカイので、卵の数も多いです。

この大雨のさ中、メダカ達は、いつも以上に沢山産卵していてビックリ!

Cimg8931_2

特にこの幹之メダカ達は、1匹当たりの産卵個数は少ないけど、

産むお母さん達が沢山居て、最近は、ダルマちゃん達も産むようになりました。

Cimg8930_2

これは隔離してる幹之メダカの卵達。

白濁しちゃったのもあるけど、大半は有精卵。早く生れておいで~catface

Cimg8939_2

この幹之ダルマちゃんは、幹之の光は無に等しいけど、黒斑がうっすら入ってます。

Cimg8941

この子は、よく卵を産んでくれます。といっても、ダルマちゃんの産卵個数は2個とかだけどcoldsweats01

Cimg8935_3

こっちのダルマちゃんは、楊貴妃ダルマちゃん(濃いオレンジタイプ)。

ここが一番産卵スイッチ入るの遅かったけど、今日、やっとダルマちゃんも産んでました。

楊貴妃ダルマの強赤には「初恋」の愛称があったりするそうですが

系統とか良く分らないので、我が家では、そのまま楊貴妃ダルマと呼ぼう。

Cimg8937_2

この子達は、ダルマちゃんと同系統のノーマルな楊貴妃。

だいぶ太って大きくなりました。

Cimg8948_2

こっちは、我が家の東天光メダカ。

我が家のメダカ達は、どれもこれも血が濃くなって、健康面の弊害が出始めたので

琥珀光メダカと混ぜて、お互いの体質改善を狙ってます。

Cimg8947

もう、すでに卵沢山産んでくれてます。親が大きい分、ここも多産です。

そして、このオレンジ系のメダカの卵って、白っぽいメダカの卵よりも

かなり黄色っぽいです。

Cimg8958

そして、これは、琥珀光メダカ達のメイン鉢。

というか、ここにはつい最近までアカヒレが居ましたが、

琥珀光メダカにちょっと力を入れたいので、アカヒレと場所を変えました。

Cimg8962_3

と言う訳で、アカヒレが北側のひょうたん池2号。

Cimg8966

アカヒレは、特に卵を隔離しなくても、勝手に稚魚が泳ぎだして増えるので

手が掛からないからね。wink

で、そうそう、琥珀光メダカ。

弱体化してきた琥珀同士だけで交配を続けるのはちょっと・・・なので

Cimg8955_2

琥珀光メダカ以上に、弱体化が深刻な白メダカと混ぜる事にしました。

Cimg8959_2

相変わらず、自家産らんちゅう達が、あちこち、メダカ鉢を保養所にしてますがcoldsweats01

あちこち、戻し交配の為、ミックス飼育してますが、

採卵した卵は、きっちりと分けてます。

じゃないと、タダの交雑種になってしまうから。

2012年3月 2日 (金)

春のアカヒレ

120301_142002_3

ぬる~い曇天は苦手です。wobbly自律神経ドッカンbombです。

ジャムをドライブに連れてって帰りついたら、

もう、首痛、腰痛、首からくる頭痛で、車から降りてしゃがみこんでしまいました。

で、しゃがみこんだところが、アカヒレの鉢の前。

アカヒレ達は、不調の飼い主とは違って絶好調fuji

携帯画像なので、ちょっと分りづらいですが、また、ヒレを広げて威嚇しあってます。

綺麗やなぁ~shine

120301_141901_2

お互いに、体が反る程威嚇しあってます。smile

今日はそれだけじゃなく

120301_142302_3

みんなして、藻に体を突っ込んで、プルプル体を震わせてます。

そーかぁ~、産卵してるんだ?

具合が悪くてしゃがみこんだけど、なんか見てるうちに、ちょっと元気になった。

去年、いつの間にか、稚魚が生れてた事はあったけど、

産卵行動は見たこと無かったのでhappy01

当たり前だけど、メダカとは全然違うなぁ。

メダカも、黒メダカが、今日、早くも卵を産んでました。

アカヒレのもうひとつ良い所・・・・それは、どんだけ食べさせても

これ以上大きくならない事ーーーーーーhappy02

どうも、動きが、ハヤみたいなので、

あのくらい大きくなるような錯覚をしてしまう。

そして、そのあと、コタツにゴロンでダウン。shock

時々、携帯片手に呟く、そんな一日。

2012年2月24日 (金)

小魚も全開

120223_152703

金魚と同時に、メダカ達、小魚が住む睡蓮鉢もオープン。

おや??なんか草cloverが伸びてる・・・・・??

あら、クレソンじゃないの。

と、母に言われて、思い出した。flair

そう言えば、スーパーで買ったクレソン、睡蓮鉢に植えたんだった・・・。

アカヒレの鉢に植えたら、どんどん小さくなっちゃったから

日当たりの良い、東天光メダカの鉢に、一枝挿したのが、大きくなったのねlovely

120223_163801_2

いつもは警戒心の強い東天光メダカ達も、この温かさにルンルンnotesなのか

全然怖がらずに水面に上がってきます。

久々の日光は、やっぱりメダカ達も大好きなんだね。

ここに同居してる、金魚のハネ仔達も、元気でした。

120223_152701_2

青光メダカのメタリックな光、これも長く見なかったので

大袈裟なようですが、完全にビニールで見えなくなっていたので

メダカも金魚も、「こんなのがウチに居たんだぁ~」と新鮮ですshine

120223_163603_3

幹之メダカが群れで鉢内をぐるぐる泳ぐと、

思わず「めぇだぁかぁ~の学校はぁ~note」って歌っちゃいます。

写ってませんが、水底のほうにも、沢山居るんですよ。

みんな元気で、なんだかメダカに関しては、大きくなったんじゃない??と思ったりして。

Sh3h02740002_2

ビックリなのは、アカヒレ!

ほんとにこれは熱帯魚では、ない!

みんな凄く元気rock

薄い青水で、色のメリハリが効いて、ヒレの金色crownと、ボディの赤heartが凄く綺麗。

また、日陰なんだけど、フィンスプレッディングをすると

金色と赤が一層shine光って。

アカヒレって、やっぱりいいわぁ~catface

と、言っても、ここも夕方には、慌ててビニール掛け直したんだけどねcoldsweats01

2011年12月14日 (水)

暖かい日の睡蓮鉢

Cimg8626_2

冬が来たーーーと思うと、やっぱ嘘ぉ~bleahみたいに暖かくなるdespair

今日は、その「やっぱ嘘ぉ~」の暖かい方。

なので、餌を与えてみました。

睡蓮鉢のアカヒレ達は、こんなに太って元気です。

寒い日は、藻クズがベッドになって、これに潜りこんで隠れています。

Cimg8628

青光メダカ達も元気ですねぇ~note

Cimg8633_2

楊貴妃ダルマちゃん達は、寒い日は、みんなで集まって

ガガブタの葉の下でじーっとしてますが、

今日は、それぞれに、ちょこちょこ泳ぎまわってます。

Cimg8634_2

幹之メダカ達も、一時期、ダルマちゃんが転覆気味で心配だったけど

すっかり回復して、どの仔が転覆してたかさえ分からないくらいです。

Cimg8637_2

琥珀光メダカは、北側の一番寒い場所に居ますが

稚魚達も成長して、サイズが揃ってきました。

そして、日陰にもかかわらず、ここは色がアメ色に上がってきました。

Cimg8638_2

東天光メダカは、何故か警戒心が強く、近寄るとすぐに隠れてしまうので

餌に向かって上がってきた時がシャッターチャンス。

Cimg8639

白メダカも元気です。

ホテイアオイが伸び伸びですがsweat02

Cimg8640_2

黒メダカも、イイ色ですねぇcatface

Cimg8636_2

東天光メダカと同居中の、多分アズマの当歳魚も元気です。

2011年11月24日 (木)

強靭なアカヒレ

454669214

「熱帯魚コーナーに売ってる」ということで、

一応、カテゴリーを熱帯魚に分類しておりますが、

改めて、アカヒレって、全然、熱帯魚じゃないなぁsweat02と思います。despair

元気過ぎる!!!凄いパワーpunch

いよいよ、夜間nightの水温が10℃を下回るようになって

金魚やメダカは、動きが鈍くなり、給餌も、水温が上がるお昼前後に1回

(金魚には)柔らかい沈下性のイトスイ餌を与えています。

でも、アカヒレは、午前中こそ、水草に潜って隠れてますが

午後からは、睡蓮鉢の中で、元気よく群れを作って回遊~note

購入時の痩せっぽち幼魚だったのが嘘のように、太って艶やかshine

この低水温の中、稚魚まで生れて、どんだけ強いんじゃ?と言う感じです。

フィンスプレッディングをするたびに、各ヒレを縁取る金色のラインが、

キラキラshine光って、水槽では見れない美しさだけども・・・

ちょっと不安もつのる、今日この頃です。

かなりの数が市場に出回り、熱帯魚店だけじゃなく、花屋tulipや雑貨店carouselponyでまで

販売される程。

そして、明らかにメダカを上回るこの強靭な体質と繁殖力。

こんなのを安易に自然界に放したら・・・・shock

泳いでる姿を見ると、モッゴとか、ハヤの稚魚みたい。

ほんとに、これ以上大きくならないよね??

なんか、シシャモくらいになるんじゃないか?って位元気。

手持ちの外来魚図鑑を見ると、

同じコイ科のゼブラダニオ(パールダニオ等)が沖縄で増えてるというけど

これは、熱帯魚だから、沖縄で止まってるけど

アカヒレは、確実に、本土で冬越せる。

最初から、想定内ではあるけど、まさかこの寒空の下で、繁殖するとは・・・sweat02

ちょっと非情な事を言うならば

肉食魚の餌として、簡単に自家繁殖が出来る・・・。

あれ?うちのブログらしくない??

でも、メダカだけじゃ物足りない、と思ったら、

空いてる睡蓮鉢で10匹単位で泳がすと、とっても楽しい魚です。

ランプアイは、室内に入れる前に死んじゃったbearingので、終了~coldsweats01

今年は、冬の室内お魚飼育には、ちょっと後ろ向きです。

家にずっといて、いつでも飼育魚を眺められる環境だから、そう思うのかも?


2011年10月17日 (月)

さかな写真

Cimg7987

アフリカンランプアイは、まだお外で頑張ってます。happy01

モルタル鉢なので、手を入れると水がぬくぬくspaです。

上から見ると細めのカダヤシみたい。

でも水槽に居た時より、ガッチリになりました。

楊貴妃ダルマが水面付近をちょろちょろ、ランプアイ達は、ちょっと警戒心が強く

底の方に居る事が多いです。(水槽では馴れてたのになあ)

餌の時間には、仲良く水面に上がってきます。

Cimg7983

久々、青光メダカです。

最近は、幹之メダカにちょっとお株を取られ気味ですが

このメタリックな光は、金属的で、キレイです。

Cimg7985

幹之メダカ達も、頂き物で、なんだか申し訳ないですが

「幹之色spade」がカナリshine広がって来ました。

メダカは金魚よりも写真camera撮るのが難しいbearing

水面の反射を避ける為、水面付近を斜めからカメラを構えて

マクロ機能(tulipマーク)と、ISO感度を50ぐらいにして、

シャッタースピードを速めて撮ってます。

晴れ過ぎだと白っぽくなるので露出を下げ、曇りの日は曇りに設定。

すばしっこい魚の時は、連写も使います。

カメラの持つ機能をフル活用して、

それでもだいたい10~20枚は没になりますsweat02

デジタル一眼レフなら、専門誌みたいな綺麗な写真が撮れるんだけどね。

日々のブログなので、あえて、デジイチに手を出さずやってきました。

品評会や、即売会に行ったときはデジイチがイイなぁと思いますcoldsweats01

でも、最近のコンパクトカメラは、結構凄いからね

昨夜、ジャパネットたかたを見てたら、キャノンのクールピクスにプロジェクター機能が!

凄いねぇ。

2011年10月 8日 (土)

自然に増えるぅ~。

Cimg7880

ちょっと放置気味のコッピーちゃん鉢。

放置と言いますが、一応、水草のトリミングと、塵取りは時々やってましたよ。

あとは、なんとなくカル~く、メダカの餌をパラパラと。

Cimg7868

そんな飼育でも、コッピーちゃん、こと、赤ヒレ達は、落ちるどころか、デカくなり・・・。

Cimg7875

ひと掬いしてみると、すっかり大人になってます。

しかも、うちに来て、掬われるのが初なので、誰も逃げない。

導入当初に1匹、飛び跳ね事故で干からびてましたけど

それ以降は、ほとんどが残ってる。20匹は確実におるよ。(当初25匹)

Cimg7869

その中でも、この仔達は、全くネットを怖がらず、掬われてしまった

ちょっとアホ、なコッピーちゃん達。

もうコップでなんか飼えませんわ、こんなにデブだとsweat02

(もともとコップで飼ってないですが)

と、まぁ、大きくなってるのは想定内ですが、

水を少し換えようと、ヒシャクで掬ってみたところ、

Cimg7879

なんか居ます。

水を戻して、もう一回、水草の近くを掬ってみると・・・

Cimg7857

今度は、ちょっと大きいのが入った!

Cimg7856

ほんとに勝手に生まれてた。coldsweats01

飼育本に、よく、

「気づいたら、自然と稚魚が泳いでいることも・・・」

って書いてあるけど、あれって、だいたい、ほとんど無い。smile

でも、これって、ホントに、勝手に泳いでる。

それに比べて、毎日せっせと採卵したランプアイの卵…何の音さたもないまま

もう、飼育者は飽きちゃったぞーーーー。shock

孵化に2週間もかかるんだもん、忘れちゃうよ。gawk

親ランプアイは、ダルマちゃんと仲良しだけどね。wink

コッピー達は、「熱帯魚」屋さんで売ってるが(花屋でも売ってるが)

ホントは中国の白雲山付近原産の温帯魚なので、

このまま、外飼いするつもりです。っていうか、します。

2011年9月21日 (水)

こっちは終盤

Cimg7647_2

夏の間、あんなにたくさんの花を咲かせて、楽しませてくれた蓮も、すっかり終わり

また、違う趣を見せてくれています。

この姿は、これはこれでアートartっぽくて好きです。

Cimg7657

ガガ姫も、いよいよ・・・・な感じ。

なぜか、葉をよく虫食いされちゃいます。

Cimg7661

糸狸藻は、これからどんどん立ち上がるみたいですが・・・

これ、ポンテデリアの根っこ部分に寄生するように生えていて

根詰まり起こしてるポンテさんを植替え出来ない・・・bearing

Cimg7664

今年はカボンバも、よく咲きます。

まだまだ頑張るみたいです。wink

Cimg7622

スーパーの野菜コーナーで買ったクレソンも、赤ヒレの睡蓮鉢で、立ち上がってきました。

水上葉が、もっさもさになったら、収穫出来るかも??smile

Cimg7623

赤ヒレも、もう「コッピー」サイズじゃないです。

成長早いなsweat02

でも、成長しても、このサイズ止まりだから一安心coldsweats01